よしのーと!

文字サイズ開く
修験道

1泊2日で満喫できる修験道!ユネスコ世界遺産「大峯奥駈道」 【吉野町観光大使のおすすめスポットvol.1】

お気に入り

お気に入りに追加

初めまして!吉野町観光大使でお城インスタグラマーのKAORI(@kaori_castlelove.jp)です!普段は全国各地のお城をメインに歴史的な観光地をインスタグラムで紹介しています!

今回、私がご紹介するのは、ユネスコ世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている【大峯奥駈道】です。皆さん、修験道(しゅげんどう)と聞くと、何日もかけて厳しい山道を登らなきゃいけないというイメージを持ちませんか?

なんだか気軽には行けない印象がありますよね。でも安心してください!

大峯奥駈道は、1泊2日でも十分修験道を体験できちゃいます!そんな大峯奥駈道を紹介していきます。

<Summary>

  1. まずは事前準備!登山時期と持ち物
  2. 行者還りトンネルから出発!最初にやってくるのは急傾斜!?
  3. 修験道の中に屋敷が!?聖宝ノ宿
  4. 弥山山頂で360度絶景パノラマ!
  5. 御来光は八経ヶ岳で
  6. 最後は温泉でリフレッシュ

 

まずは事前準備!登山時期と持ち物

大峰山の無積雪登山シーズンは4月から11月で、私は8月に登ってきました。私はランニングウエアの上下と登山靴、薄手の長袖ウエアを持参して挑みました!

吉野町の気温は30度程度でかなり暑かったですが、山の中は涼しく、夕方以降は半袖のままだと肌寒くなります。今回は翌朝の御来光を拝むため、山小屋「弥山」で宿泊。山小屋なのでバス・シャワーはありません…!

山小屋に慣れていない方も多いと思いますので、今回私が持って行ったものをご紹介します。私は長袖ウエア、タオル、洗面具、汗拭きシート(大量に)、着替え、延長コードです。特に、山小屋等の宿泊施設に泊まるときは、部屋にコンセントが少ないことを想定して、延長コードは必ず持って行っています。

弥山小屋

住所:天川村北角158
TEL:0747-52-1332
営業時間:4月28日~11月下旬
     11月は常駐者なし
     積雪状況で早閉めあり
料金:
 素泊まり 5,500円
 1泊2食 8,000円
 ※要予約
備考:
 朝食 午前6時
 夕食 午後5時(1泊2食付きの場合)
 洗面所、トイレ、寝具(布団、枕、毛布) あり
 バス・シャワー、アメニティ(タオル、歯ブラシなど) なし

 

行者還りトンネルから出発!最初にやってくるのは急傾斜!?

スタート地点の「行者還りトンネル西口」までは車で行くことができ、駐車場も完備されています(駐車料金は1000円/日)。駐車場で車を降りてから登山口へ向かいます。

最初は平たんなのでかなり歩きやすいですが、登山口近くの川を渡って少ししたところから急に激しい登り坂になります。私は序盤から早いスピードで登っていましたが、上り坂の途中から、徐々に岩登りになってくるので酸欠気味になってしまいました。普段、山歩きをしていない人は無理のない速度で登りましょう!

 

修験道の中に屋敷が!?聖宝ノ宿

行者還りトンネルから3時間ほど歩くと聖宝ノ宿跡に到着します。聖宝ノ宿は修験道の再興の祖である聖宝理源大師の像があります。この反対側にちょっとした平地があるのですが、なんと、かつてはここに屋敷があったとのこと。
何のために、誰が作って、誰が利用していたのか気になります…!

 

弥山山頂で360度絶景パノラマ!

聖宝ノ宿から1時間程歩くと弥山山頂に到着します。弥山小屋があるのもこちらです。


山頂には苔やシダなどが生えており、視線を低くして植物を見るとジブリの世界にトリップしたような気持ちになります。

他にも、山頂には弥山神社という神社があり、この神社は日本随一のパワースポット「天河神社」の奥宮でもあります!
山頂では神社を見たり、苔やシダ、周囲の山々を眺めたりしてリラックスできます。

 

御来光は八経ヶ岳で

弥山小屋から徒歩数時間で八経ヶ岳に到着します。
八経ヶ岳は役行者が法華経八巻を埋納したと伝わることからその名が付きました。

八経ヶ岳山頂はゴツゴツした岩で覆われていますが、多少広めのスペースがあるので、私はご来光を岩の上に登って眺めました。ちなみにこの時間帯はとても寒いです。

八経ヶ岳で御来光を拝んだ後は、朝日が出る前には、真っ暗で分からなかった山の景色をゆっくりと眺めながら弥山小屋に戻ります。

 

最後は温泉でリフレッシュ

弥山小屋で朝食を食べた後は、再び行者還りトンネルに向けて下山します。たくさん運動した後はやっぱり温泉でリフレッシュ!

行者還りトンネル西口から車で30分走ると「天の川温泉」に行くことができます。天の川温泉は「美人の湯」と呼ばれていて肌がスベスベになります!

天の川温泉センター

住所:吉野郡天川村坪内232
TEL:0747-63-0333
営業時間:11:00〜20:00
     ※入浴受付は終了30分前までです
定休日:毎週火曜(祝日の場合は翌日)
    12月29日から1月1日
    1月2・3日は時間短縮営業
料金:
 大人 700円
 小人 300円(3歳以上小学生以下)

弥山でパワーをいただき、美肌の湯でリフレッシュできる「大峯奥駈道」。
ハイキングが好きな人はもちろん、日常につかれた人、運動不足な人、パワースポット巡りが好きな人、是非オススメですので遊びに行ってみて下さいね!

 
お城インスタグラマーKAORIのYouTubeチャンネル
大峯奥駈道動画公開中
https://youtu.be/xGg-bbjc6rk

text/photo/model:お城インスタグラマーKAORI
Instagram ID:@kaori_castlelove.jp

 
#おでかけ #修験道 #歴史 #世界遺産 #奈良

よしのーと編集部

よしのーと編集部

吉野の隠れた魅力や楽しみ方を紹介いたします。

こちらの記事もぜひ!