よしのーと!

文字サイズ開く
工芸品

明日香村『アトンおもちゃ館』

お気に入り

お気に入りに追加

明日香村といえば、万葉の息吹を感じながらの古墳めぐりが大定番ですが、ここではちょっと違った角度から楽しむ明日香をご紹介したいと思います。

その名も「アトンおもちゃ館」

月光仮面にウルトラマン、ロボコン、りかちゃん、セーラームーン…。
思い返せばなつかしい昭和の時代をいろどるヒーローたち。そんな彼らに会える場所、それがこの「アトンおもちゃ館」です。

アトンは明日香村の北のはし、小山とよばれる集落の中にあります。迷路のような細い路地に入り「おもちゃ館」と矢印された案内版をたどっていきます。

ほんとうにこんなところにおもちゃ館はあるのかな?不安と期待を胸に進んでいくと、おお!ありました!

小さな古民家ののれんをくぐると、中庭では、年代を感じさせるホーロー看板やウルトラマン人形などがお出迎えしてくれます。さっそく靴をぬいで中へおじゃますると…。

すごい!
1階には、昭和を中心に明治から平成にいたるまでのおもちゃがずらり。天井にまでびっしりと展示されている様子は圧巻です。
その数、およそ4万点。

年代を経たおもちゃたちのつぶやきが聞こえてきそうな雰囲気に圧倒されながらも、ケースの中をひとつひとつ見ていくと

「あっ、これペリーヌ物語のバロン!」
「うわ~たい焼きくん!あ、りかちゃんも!」

と、かつて遊んだおもちゃたちに再会、思わず歓声があがります。

「どのキャラクターが好きかで、お客さんの大体の年齢がわかるんですよ」と田中館長。あらら~、ばれてしまったかしら。でも、わかるのはそれだけではありません。

例えば、おめん。
昭和30年代ごろに作られたものは、今のものよりひとまわりほど小さいサイズです。

これは当時の子どもの体格に合わせて作られていたからではないかと、田中館長。明治時代の泥めんこも展示品のひとつ。おもちゃの材料も木や紙など自然のものから、ブリキ、セルロイド、ソフトビニール、合金などへと次第に変化していったことがわかります。

まさにおもちゃは時代をうつす鏡。じっくり見ていくうちに、いろいろなことが見えてくるのです。おもちゃたちとの同窓会を楽しんだあとは2階へ。ここでは生活雑貨と文房具が展示されています。

年に数回、小さな特別展も催されており、ちょうどこの日は「ちびまる子ちゃん30周年記念展」開催中でした。まるちゃんの連載初回をリアルタイムで楽しんだ現役世代としては見のがせない企画でしょう~!と、丸尾君風に鼻息もあらく、鑑賞タイム。デビュー当時のまるこちゃんのややそっけない表情が懐かしいです。

生活雑貨のコーナーでは、キャラクターのスリッパやアルミのお弁当箱の展示も楽しいです。私も幼稚園へは、このアルミのお弁当箱をもって通っていたなあ。

電子レンジのなかった時代、お昼になると先生が冷たくなったお弁当をストーブであたためなおしてくれた記憶がよみがえります。自分の使っていたものを見つけて盛り上がる人が多く来館者に人気のコーナーだというのも納得です。

2階には昭和を感じる黒電話や、ちゃぶ台などの家具・生活用品に加えおかしの包み紙やキャラクターのついたシャンプー容器、電池、貯金箱など身のまわりにあったなつかしい生活雑貨があふれています。

これらは全て館長の田中喜司男さんが集められたもの。デザイナーでもある田中館長。仕事の資料として購入した昭和のおもちゃに惹かれたことがきっかけとなり、次第に生活雑貨全般にまでコレクションの幅が広がっていったそう。

あたりまえすぎて、誰も気にとめなかったものたち。気付かないうちに生活の中から少しずつ消えていったものたち。
ここにいると、そんなものたちが、自分の生い立ちを語りかけてくるようなふしぎな気持ちがしてきます。

「あの頃の自分に会える場所」
アトンおもちゃ館のパンフレットに書かれている言葉です。
「おすすめの展示品を選ぶことはできません。この空間全てが大切なんです」

そう語る田中館長は、誰もが心の中にもつ「あの頃」の思い出の扉の鍵の番人なのかもしれません。昭和を知らない世代には新鮮に、そして昭和を知っている世代には懐かしい「アトンおもちゃ館」。

この「アトン」をめあてに明日香を訪れる人も少なくないのだとか。古代史を物語る遺跡がぎゅっとつまった明日香ですが、その明日香をめぐる旅の1ページに、昭和の歴史がぎゅっとつまったアトンおもちゃ館を加えてみるのはいかがでしょうか。

 

アトンおもちゃ館(アトンオモチャカン)

住所:〒634-0101 奈良県高市郡明日香村小山336
TEL・FAX:0744-54-3263
開館時間:10:00~18:00
休館日:毎週月曜日(祝日は営業) 正月・盆は不定休
入館料:大人(中学生以上)300円、こども(4才~小学生)100円
ホームページ:http://aton.on.coocan.jp
※臨時休業日は、ホームページより随時お知らせ。

アクセス

レンタサイクルなら…
近鉄橿原神宮前駅東出口より15分

電車、バスなら…

  • 橿原市コミュニティバス利用の場合(大人170円小児90円)
    近鉄八木駅南口①番のりばから 南浦町下車 徒歩5分
    または近鉄橿原神宮前駅中央出口から 明日香小山下車 徒歩3分(土日祝のみ運行)
  • 明日香周遊バス赤かめ利用の場合(一日フリー乗車券大人650円小児330円)
    近鉄橿原神宮前駅東口から 明日香小山下車(本数少なめ)または飛鳥下車徒歩13分

こちらの記事もぜひ!