よしのーと!

文字サイズ開く
その他

奈良にどうしてここまで惹かれるのか?

お気に入り

お気に入りに追加

奈良をなぜこんなに好きなのか?もちろん出会いは奈良のゆるキャラさん達。でも奈良が好きがどんどん増していくのは何なんだ??考えてみた。よく奈良は京都との比較で言う人がいる。京都は行きやすいけど奈良は交通の便が。。。

でも奈良は京都から近鉄、JRどっちでも乗り換えとかなくさっと行けるんですよね。華やかさにかける?いやいやごちゃごちゃしたところで慌ただしく人の波に押されながら仏像や寺社仏閣を通りすがりで見るのではなく何時間でも静かに向き合うことだってできる。それが奈良なんです。

私は奈良公園を散歩するなら日の出にあわせた朝もやかかる頃。静かに歩き遠くに大仏殿を眺めながらのんびりした朝の鹿たちの可愛く幻想的で美しい姿を見るのが好きです。普段は人がいっぱいの興福寺の五重塔も夜間はいつまでだって眺められます。月と五重塔のライトアップなんて美しすぎてたまりません。

そして昼間には、静かな寺社仏閣を選びます。談山神社、安倍文殊院、秋篠寺、唐招提寺、飛鳥寺などなどそれほど人も多くなく何時間でも素晴らしい建築をそして仏様をひたすら見つめて過ごせたりするのです。

吉野の金峯山寺も特別ご開帳の時にはちょっぴり仕切られたブースの中で静かにあの青の権現様と対話が出来ます。あまりにも、戻らない私を友達が心配顔で外で待ってたなんてこともありましたけど。。。

必ず行くのが安倍文殊院さん。お茶菓子とお抹茶も出していただいて楽しい文殊様の説明と法話を聞けてあとは文殊様のいらっしゃる所のギリギリまでいって見つめたり、椅子に腰掛けてシーンと静まりかえった本堂で向き合う時間。半日くらい居れます。

王寺町の達磨寺も美しい千手観音様をすごく間近で見れて写真も大丈夫なんです。ガイドさんとかいる時なら説明も詳しくしてくれて鐘もつかせてくださる。雪丸の像の前で話しかけてるおばさんおるーー!って思ったらそれは私です(笑)

そして奈良には美味いものなしとか言われてますが、美味いんです!!

最近では少しだけ大和野菜とかは有名になって来ましたね。大和まなや白きゅうりとか新鮮美味しい地のものを食べて頂けたらいいなぁと思います。大和しっかりとした肉質で甘みのある鶏肉大和肉鶏なども美味しい。ジビエ料理だって最高です。

果物もいちごは古都華は糖度がとっても高いと言うことで最近注目されてますね。そして奈良のいちごとして認知されるようになってきたあすかルビーはジューシーで酸味がほのかなので甘みが引き立つ美味しさ。あすかルビーのいちご狩りとかワンランク上の いちご狩りなんてむちゃくちゃオススメです!

これまたみずみずしくてしっかりとしたThe梨の味わいで懐かし~って思えるような梨。

五條の柿、そして御所柿と有名でオレンジ色が濃くてしっかりとした味わい。他の産地の柿とは一味も二味も違います。

そして、昔からの柿の葉寿司はお店によって違うので食べ比べをしてお気に入りを見つけるなんて言うのも最高ですよ。

奈良漬もそうですね。そのままは苦手!なんて方もいらっしゃるのですが、ぜひクリームチーズに刻んで入れて奈良漬クリームチーズなんていうのもいいのです。

そして日本酒は発祥の地でもあって。日本酒飲めなかった私が日本酒党になったのは御所の油長酒造さんの風の森に出会ったから。他にもみむろ杉や篠峯、そして吉野のやたがらす。樽酒なんてたまらないのです。落語家である主人のお弟子の真打昇進には鏡開きにはやたがらすでさせて頂きお客様には大好評でちょっと鼻高々になったのでした。やはり吉野の花巴も良いお酒。

それとですね、ボクシング大好きな私には欠かせない奈良LOVEのひとつが奈良のボクシングの高いレベルなんです。奈良のボクシングと言えばオリンピックでも活躍し現在はプロとして活躍の村田諒太選手は有名で奈良の誇り!!

王子工業高校とか朱雀高校とは素晴らしい選手を輩出しています。私のむちゃ応援する日本でただいま一番の防衛数7Vの寺地拳四朗選手も朱雀高校出身です。

雪丸の町にある王寺工業もほんとに多く選手の出身校で先日もアマチュアボクシングの試合を見に行った時にはトップクラスの選手の出身校に王寺工業が連なっておりまして、東洋大学の今永虎雅選手や日大の荒本一成選手も強くて活躍中です。高校現役では現在1年の吉良大弥選手は注目の選手のようです。今後がほんとに楽しみな奈良のボクシング選手たちです。これからオリンピック選手や世界チャンピオンが奈良からもっともっと出てくるんではないかと思います!ぜひ皆さんも注目を!

奈良の素敵をあげて来ましたがやっぱり人が最高!!だからこその奈良への想いなんだと思います。

奈良の人の最初の印象は控えめだな〜って思ったのです。キャラのお手伝いを関東でしていてPRとかともかくどんどんいくのが当たり前って思ってたんですが。時間とか出番とかすごくきっちり守ってて勝手に行っちゃったりとかしないんですよね。ブースとかでも来た方にはとっても親切で丁寧に説明してくれて買い物しようものならこれでもかってくらいにオマケをつけてくれるけど無理にはグイグイ来ない。やっぱり歴史あるいにしえの万葉人の子孫だったりするのだろうなんて思ったりしました。

そんなところがとても心地の良さを感じさせてくれる奈良の人。でも関われば関わるほど人の温かみを感じます。何より、全く縁もゆかりも無い私を奈良の各地域で観光に携わる皆さんが仲間として受け入れて下さり一緒にPRのお手伝いをさせて下さっていること。私にとってこの上ない幸せなのです。また、そうして関わる中で市長さん町長さん、村長さん達がいつも気さくにお声をかけてくださる。自分の住む街でそんな方々と接することすらないのに!!と、いつもびっくりなのです。

そして、奈良の方々のおもてなしのお力はすごい!!奈良を尋ねる時には毎回えぇぇ~~!!っていうサプライズがあったりするのですよ。飲みますか?となってまぁ、4、5人の仲間がいるんだろなって行くとひぇーーー!聞いてないよってくらい仲間が集まってたり。誕生日が近いからってすんごいケーキが出てきたり、あの人に会いたいなぁ~とか何となく言ったらこっそり呼んでくれていたり。

何気なく言ったことを覚えててくれていて、何かの折にこれもしかして?ってものが届いたり。我が家ではお正月2日にはお客様が集まるのですが、その日にあわせてみんなで頂けるように贈り物をしてくれたり。2回くらい訪れてお話しでもしたら、すっかり仲良くして下さり、旅のご案内をかってでてくださる。お土産をご用意して待ってて下るお店の方もいてくださって。

他にも関西しか放送してないテレビ、大好きな人が出ていて見たいなぁ。でもお願いするのも。。。と、思ったら録画してあるよ。とか!!なーんで皆さんお気遣いが凄いの~??先日、御所の講座が日本橋のまほろば館で行われた際におもてなしのDNAって話が出てきました。お伊勢参りの参拝客が御所市を通り食事や寝泊まりなどおもてなしをされたそうでそのDNAがと言うようなお話で、私はやけにそれに納得してしまいました。そーか!!そういう事か!!

御所だけにとどまらず奈良の皆さんにはそんなおもてなしが染み付いているんだなぁと。それにこうして私が文章を書かせて頂くのにも資料や写真やお願いすると快く提供して下さってありがたすぎ!!奈良の仲間には助けられているなあとしみじみ思うのです。この温かい奈良の人達の愛に包まれて、いつ来る?じゃなくいつ帰って来る?と聞いてくれるそんな仲間が出来て奈良が私の第二のふるさとになりました。

こんな素敵な仲間のいる奈良のために、たくさんの人に奈良の良さを伝えられるように、お手伝いして行けたらいいなぁと思うのです。

こちらの記事もぜひ!