よしのーと!

伝統産業

吉野の手しごと 和紙職人の一年〜冬のしごと〜

お気に入り

お気に入りに追加

教えてくれた人:和紙職人/植浩三さん

古くから和紙作りの歴史を持つ国栖地域。
和紙は今から1400年くらい前、朝鮮の僧によってその製法をもたらされました。聖徳太子が活躍していた頃、仏教を広めるための写経用に和紙を使ったそうです。国栖の地でいつから紙漉きが始まったのかは定かではないのですが、平安遷都後、吉野山間で紙作りが盛んになりその名が知られるようになったそうです。

明治中頃には、国栖地区の約半数にあたる300戸で和紙作りを行っていました。
そんな和紙作りも第2次世界大戦を機に需要が減り、いま国栖地区で和紙作りをしているのはたったの5軒です。そのうち半分の工房は後継者がいないという現状です。

紙は植物からできている。というのはみなさん共通の認識としてあると思うのですが、では一体どんな植物か、というとはっきり思い浮かべることができる人は少ないのではないでしょうか。

一般に私たちが使っているコピー用紙などの洋紙は、様々な樹木の「幹」を砕いた繊維(木材パルプ)からできています。一方、和紙は幹ではなく「皮」の部分を利用するのが特徴です。

日本の和紙は、楮(コウゾ)、三椏(ミツマタ)、雁皮(ガンピ)などの「皮」から作られます。
吉野で作っている和紙はコウゾが原料で、長くてしなやかなのが特徴です。コウゾはクワ科の落葉低木で、栽培が容易で毎年収穫できる優れものです。

さて、このコウゾという植物の「皮」がどのように紙になっていくのかを、吉野で代々和紙を作り続けている植和紙工房の6代目、植浩三さんに一年を通して教えていただきます。

冬のある日 1

和紙作りの始まりは、寒ーい寒ーい年明けのコウゾの刈り取り作業から始まります。
葉が全て落ちきったコウゾの枝を根元から1本1本。寒ーい寒ーい空の下での手作業。「雨の日は刈り取りはできなけど、雪の日はできます」と植さん。想像しただけで震えます。
国栖の和紙職人さんの中でもコウゾを自分で育てて和紙を作っている工房は、植和紙工房と福西和紙本舗さんの二軒だけになってしまったそうです。

慣れている人は鍬で、ハサミなら私のような素人でも簡単に切ることができます。
ただ成木は3メートルあまりにもなるとても長い枝なので扱いが難しく、素人の私がやるととてつもなく時間がかかります。

だいたい太い枝で3cmくらいありますが、このハサミなら力を入れず簡単に切れます

だいたい太い枝で3cmくらいありますが、このハサミなら力を入れず簡単に切れます

刈り取る時のポイントは“斜めに根元から”。
コウゾは一年で大きくなるのですが、刈り取ったところはもう伸びてこないので、今年出る芽の成長の邪魔にならないように根元から短く切っておきます。
斜めに切るのは次の皮むきの工程をやりやすくするため。

コウゾはわりと育てやすい植物なのですが、「鹿に食べられないようにする」というのが重要です。
はっきりは分かっていないのですが、鹿の唾液にコウゾにとってよくない成分があるようで、鹿たちが食べた部分は成長せずに弱ってしまうからです。なので鹿対策のための柵や網をはるという重労働は欠かせません。
と言っても昔から国栖の集落に鹿が出ていたわけでなく、彼らが出てきはじめたのはほんの15年くらい前のことだそう。

刈り取った枝

刈り取った枝

 

冬のある日 2

刈り取った長い枝に生えている細かい枝を切り落とし、1.2mくらいの長さに揃えてまとめます。

 

冬のある日 3

さていよいよ材料になる皮をむく作業です。
10年以上前から使っている大きな蒸し器にまとめた枝を詰め込みます。

この蒸し器は同じ国栖の職人さんが作ったもの。もうその職人さんは亡くなってしまい作れる人がいないので、大事に直しながら使っているそうです。

職人さんの減少もしかり、その職人さんを支える道具を作っている人たちの技を繋いでいくことも、重要な課題なのだなと感じました。

蒸し時間はだいたい3時間くらい。ちょっと独特な、さつまいもを蒸したような甘い匂いが部屋中に広まっています。

オープン!
立ち込める湯気と光の様子がとても美しくて見入ってしまいます。冷めると皮が硬くなり作業がしにくくなるので、温かいうちにテキパキと幹と皮に分けます。
剥ぎ取った皮のことを「黒楮」(クロソ)と言います。

この日は12〜13人のお手伝いの方が集まっていました。毎年参加しているベテランさんに、私のような初めての素人さん。
ここ数年参加しているという小学5年生の男の子も参加していました。小学生といえ侮るなかれ。本当に手際よくすいすい作業を進めています。
「皮を引っ張るんではなくて、幹を離すように」と彼にアドバイスをいただき、隣で模範してもらってやってみるのですが
コツを掴むまでなかなか時間がかかりました。コツを掴んでつるっとむけると気持ちよく、瞑想状態に。
浩三さんはというと、流石の速さ。あっという間に皮と幹の山が出来上がっていきます。

並べてみると、綺麗な幹の方を使うのではないかと錯覚しますが、和紙になるのはこの茶色い皮の方だけなのです。割合にすると、楮のだいたい7%くらい。

残りの93%の幹の部分は、昔は火おこしの火付け材として使っていたのですが、今は薪を使う家庭もなくなり使い道がないそうです。真っ白でとても綺麗な幹。水分が多いので、湿度の高いところに置いておくとすぐにカビが出てしまうのですが、うまく乾燥させておけば、白いまま保管できるそうです。

和紙を作る過程で絶対に出てしまうこの幹部分。どうにか良い活用法がないものか…。
<<この廃材を利用してみたいという方がいましたら、どうぞご連絡くださいませ!>>

どう見ても、白い幹部分が主役のような気がしてしまう

どう見ても、白い幹部分が主役のような気がしてしまう

剥いた皮は、天日干しに。お天気を見ながらカラカラになるまで数日干します。

ここまででもかなりの重労働ですが、和紙づくりはまだまだ始まったばかり!

「春のある日 1」に続きます。

植和紙工房

住所:〒639-3437 奈良県吉野郡吉野町南大野237-1
TEL・FAX:0746-36-6134
ホームページ:http://kuzunosato.jp/self/uewashi.html

和紙漉き体験

植和紙工房では和紙漉き体験ができます。10日前までにTEL・FAXでご予約ください。

所要時間
1人10分程度
開始時間
8:00~
参加可能人数
5名~50名様まで
費用
ハガキ6枚漉き(草花入)/1,500円(税別)
タペストリー1枚漉(草花入)/1,800円(税別)
備考
手漉きの紙に添えたい押し花をご持参ください

 

植浩三さんプロフィール

植浩三さん

昭和43年生まれ。
植和紙工房6代目。高校を卒業後、家業である和紙作りに従事。
伝統を超えて革新に至る和紙作りを目指しています。

ナツマヤ

ナツマヤ

イラストレーター・デザイナー。ときどき、かき氷屋。2019年春、2匹の猫と共に吉野に移住。偶然や必然におきたできごとのメッセージに耳をかたむけながらいちにち いちにちをていねいに過ごしたいと思っています。

こちらの記事もぜひ!