よしのーと!

お土産

美味しくて目にも楽しい、吉野の「葛菓子」土産3選

お気に入り

お気に入りに追加

奈良・吉野を訪れて、美味しい空気と美しい自然、深い歴史を存分に堪能した後は、「吉野らしさ」が感じられるお土産を手に、帰路につきたいものですよね。

吉野土産といえば、桜モチーフのグッズや木工製品、地酒などもありますが、やはり有名なのは“葛”を使った商品。葛は、吉野山にある修験道の総本山・金峯山寺を創立した役行者にゆかりがあり、吉野山には葛を使った料理やお菓子をふるまうお店がたくさんあります。

美味しくて目にも楽しい葛を使ったお菓子のお土産は、家族や友人、同僚にも喜ばれること間違いなし!今回は、観光のシチュエーションに合わせた3つのお店と、店自慢の葛菓子についてご紹介していきます。

\ご紹介するのはこちらの3店舗/

  1. 花見亭
  2. 吉野山桜 近藤
  3. 今西誠進堂

 

景色を楽しみつつ、お土産も買いたいなら:花見亭

個人で吉野山を訪れる際の手段は、基本的には車か電車。吉野ロープウェイ「吉野山駅」のすぐそばにあり、観光駐車場からも近い「花見亭」さんは、どちらで訪れる人にとっても便利なお店です。

花見亭さんは吉野山の景色を楽しみながら季節料理や甘味がいただけるお食事処。魅力的な食事メニューが揃いますが、昼時の込み合う時間帯を外して、散策出発前や観光を終えた後に訪れるのもおすすめです。景色を眺めながら甘いものを食べれば、ほっと一息つくことができますよ!

焼餅セット 600円

 
甘味メニューには葛きりや葛もちなどの単品以外にも、桜とよもぎ2種類の焼餅に抹茶がついた「焼餅セット」などがあります。柔らかい焼餅からは桜とよもぎの香りが漂い、一口食べればあんこが顔を出します。甘いこし餡は、抹茶の苦みと相性抜群!ちなみに飲み物はコーヒーに変更可能なので、和の焼餅×洋のコーヒーという組み合わせも楽しめます。

さくら羊羹 800円

 
花見亭さんのおすすめ葛菓子は、餡や葛、寒天を使って作られた「さくら羊羹」。断面を見ると3層構造になっているのがわかります。塩漬けの桜が閉じ込められた寒天が一番上の層を飾っていて、とてもキラキラした見た目。そして、中袋を開けると桜の香り。なんとも女心をくすぐります。しかも、甘党女子が好みそうなしっかりした甘みのある味なので、家族や職場の女性陣にお土産としてプレゼントしたらと喜ばれること間違いなし!

今回購入させていただいたのは3層目が抹茶味の羊羹でしたが、小豆バージョンのものも販売されています。3~4人に対して羊羹1本がおそらく適量なので、お土産を待つ方が多い場合は両方の味を購入して食べ比べしてみるのもいいですね。

 

花見亭

住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山346-1
TEL:0746-32-3150
営業時間:10:00~16:00(桜・紅葉の季節のみ9:00~18:00)
定休日:不定休
HP:http://yoshinoyama-hanamitei.com/index.html

 

散策中、荷物を増やしたくないなら:吉野山桜 近藤

吉野山観光では、どうしても歩く場面が多くなってしまいます。電車で吉野を訪れた”身軽に散策を楽しみたい派”の方におすすめなのが、近鉄吉野駅の真ん前に店を構える土産物店「吉野山桜 近藤」さん。桜グッズや地元企業の商品、葛菓子などを取りそろえているので、帰りの電車待ちの間に立ち寄ってお土産を購入するにはピッタリのお店です。

3色ソフトクリーム 350円

 
店頭では、店主が秘密のレシピで少量ずつ手作りするソフトクリームが販売されています(春~秋の期間限定)。3つのフレーバーがあり、よもぎ味=山の緑、桜味=満開の桜、バニラ味=吉野の澄んだ空気を表現しているのだとか。よもぎ味も桜味も、食べるとほんのりした苦みや香りが感じられます。

各味とも単味や2味ミックスもあるのですが、せっかくなら3色ソフトクリームを頼んで味を食べ比べてみてください。食べ応え満点で写真映えするので、思い出に残ること間違いなし!かなりボリュームがあるので、2人でシェアしてもいいですね。

山桜くず餅 350円~

 
吉野山桜 近藤さんのおすすめ葛菓子は、「山桜くず餅」。お皿に出してみると、ほんのりピンク色の上品な見た目をしています。ぷるぷると柔らかいものの、下部に桜餡が入っているため、お皿に移すときにひっくり返ることはありません。

上部はもっちりした葛の弾力、下部は桜葉の塩気がアクセントになった餡の甘さ。2層一緒に食べるのはもちろん、1層ずつ別々に食べても楽しめます。保存は常温でも大丈夫ですが、食べる前に冷やしておくと葛のぷるぷる感が際立って、より美味しくいただけます。

 

吉野山桜 近藤

住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山63番地
TEL:0746-32-3018
営業時間:9:00~17:00
定休日:水(4月・11月のみ無休)
HP:http://www.miyage.yoshino.jp/

 

番外編!明日香村も観光するなら:今西誠進堂

大阪・京都方面から車で吉野町を訪れる方や、吉野を訪れるついでに明日香村を観光する方におすすめなのが、和菓子店「今西誠進堂」さん。吉野町外に2店舗あり、大淀店は大阪・京都方面から吉野に向かう国道169号線沿い、明日香店は多くの史跡が残る地区に店を構えています。

今西誠進堂 明日香店

 
明日香店はイートインスペースがあるので、購入した商品をその場でいただくことも可能です。ぜひ食べてほしい今西誠進堂さんの看板商品は、手摘みのよもぎなど、こだわりの材料を使って作られる60年以上変わらない味の焼餅。薄く柔らかい餅の中には、こし餡がぎっしり詰まっています。

和菓子 各90円~

 
他にも、甘くて大きな栗がゴロっと入った栗大福や、粒餡がたっぷり乗ったよもぎ串団子、みたらし団子など美味しそうな和菓子が目白押しであれこれ頼みたくなります。みたらし団子は注文を受けてから焼き上げるので、焼き立ての香ばしい香りや“外カリッ、中もっちり”の食感をより楽しみたい方は店内でいただくのがおすすめ!

くずバー 各1本250円

 
和菓子が並ぶショーケース脇の冷凍庫で売られている、フルーツを葛に閉じ込めた「くずバー」というひんやりスイーツが今西誠進堂さんのおすすめ葛菓子。解凍されてもアイスキャンディーのように溶けることはなく、形も崩れません。また、溶けてしまっても再度冷凍庫に入れておけば復活するので、保冷袋に入れてお土産として持ち帰ることもできるんです!

個人的には、葛のプルプル感と中のフルーツのシャリっと感が味わえる、半解凍の状態がいちばんのおすすめ。いろんな味を買って帰り、家族や友人と「パイン味は凍っている方が美味しい」「私は解凍されてからの方が好き」…などとおしゃべりしながら食べると盛り上がりそうですね。

 

今西誠進堂 明日香店

住所:奈良県高市郡明日香村岡383-4
TEL:0744-54-5288
営業時間:9:00~17:00
定休日:火

今西誠進堂 大淀店

住所:奈良県吉野郡大淀町桧垣本788-3
TEL:0747-52-1568
営業時間:8:00~18:30
定休日:火

 

自宅で葛菓子を楽しむなら:吉野オンラインショップ

「友人にもらった吉野土産のお菓子、美味しかったからもう1度食べたいなぁ」「紹介されている葛菓子が気になるけど、吉野まで行く時間がないし…」そう思うこともありますよね!

そんな時は、吉野の逸品を自宅にいながら手に入れられる「吉野オンラインショップ」を覗いてみてください。美味しいお菓子だけでなく、便利な品物や新鮮な青果物も揃います。
 
吉野オンラインショップはこちら>>>

うぃーだ

うぃーだ

旅と酒ともふもふ動物を愛するアラサー女子。上場企業の広報部や地域情報誌の編集者を経て、「よしのーと」ライター兼吉野ビジターズビューロースタッフに。

こちらの記事もぜひ!